島村 壮一
ジェリーフィッシュ「こぼれたミルクになかないで」
 
1.おやすみ
2.ファンクラブに入るなら
3.セブリナとペーストとプラトンと
4.ニュー・ミステイク
5.憐れみの王様
6.スーパースターに救いの手を
7.バイ・バイ・バイ
8.優しく許して
9.ラッシャン・ヒル
10.彼は僕のともだち
11.言葉にさよならを
12.あしたがあるなら
 
 このバンドの、メロディーを最大限に引き出すために構築されつくした圧倒的なアレンジ力にはすんごいパワーがみなぎっていると思う。それは、例えばヘヴィロックの爆音やファンクのヘヴィーグルーヴにも引けを取らないほどのパワーである。俺はポップロックバンドが他ジャンルに勝つための要素はやっぱアレンジだと思っている。それはただ装飾過多にすりゃいいってもんじゃなくて、色んな意味でどのような手段を用いてその曲のメロが生み出すグルーヴや感動を最大限に引き出すかと言うことだ。12曲全てが幻想的なおとぎの国的ポップ天国で占められている。ドラマティックなクイーン的曲展開、ド派手なサウンドエフェクト、一糸乱れないコーラスワークなども全てバランスよくメロディーの魅力を最大限に引き出す効果 を生みだしていてまさに「音を丹念に紡ぎ出している」と言う感じだ。繊細なタッチの絵画を全体的に見たときにその繊細な部分が生み出す統合感に感動するように、このアルバムにも同じ様な感動がある。余談だが、逆にあえて荒削りな手法を用いてメロディに躍動感を与えているバンドというのは、俺はウィーザーだと思う。まあ両バンドとも「バランスのとれたアレンジ」によってポップロックなりのパワーを余すところ無く生み出している所が素晴らしい。話を元にもどします。ともあれ、ポップゆえにジェリーフィシュの作り出す音楽は聴いた感じキャッチーで明るい。しかし、重い。なんつうか、「楽しいね」っつうお気楽な明るさでは決して無く、なんか重いものを背負いつつも頑張って明るく振る舞っているような雰囲気だ。神経質なほど完璧主義なアレンジから生まれる「明るい」ポップソングはスポ根ドラマのラストシーンで主人公が遂に何か達成した後に見せる泣きながら笑っている感じを想像してしまう。そういう意味でどこかしら重さを感じてしまうところがある。しかし、冒頭に言ったことが重要である。ポップソングの魅力を引き出す素晴らしいアレンジはそんな重さをかき消すほど筋肉増強剤のように曲にパワーを確実に与えている。我々はジェリーフィシュのおとぎの国ポップワールドに素直に迷い込むわけです。
 ・・・やっぱり、もっと気楽に聞いて良いアルバムだ。要は、素晴らしいアルバムだ(なんのこっちゃ)ということだ。